2010年4月アーカイブ

ホーム > 四季の彩り

花まつり

hanamatsuri-4.jpg
花まつり - 圓福寺の花御堂

花御堂内には、浴仏盆(よくぶつぽん - 水盤のこと)に誕生仏を安置し、参詣者はその頭上に竹の杓で甘茶をかけてお詣りします。

半裸の仏さまは、右手を高く、左手を低くして天上天下を指した姿をされています。
hanamatsuri-2.jpg hanamatsuri-3.jpg
甘茶と花の苗がふるまわれます

hanamatsuri-1.jpg

ことしの桜が見ごろとなっています。

早くから咲き始めた桜でしたが寒の戻りがあったりで長らく咲き、花まつりまで祝ってくれています。
【甘茶(あまちゃ)とは】
甘茶(あまちゃ)は、ユキノシタ科落葉低木ガクアジサイの変種であるアマチャ。その若い葉を蒸して揉み、乾燥させたもの。およびそれを煎じて作った飲料。

飲料としての甘茶は、黄褐色で甘みがあり、灌仏会(花祭り)の際に仏像に注ぎかけるものとして古くから用いられた。

甘茶の甘味成分はフィロズルチンとイソフィロズルチンで、その甘さはサッカリンの約200倍である。葉を乾燥させることにより甘味が出る。また苦味成分としてタンニンを含むが、カフェインは含まない。

ホーム > 四季の彩り

観音堂境内のさくら満開

sakura20100402.jpg
花冷えの数日が過ぎ、南風が暖かい風を運んできました。境内の桜も一気に満開となり華やいでいます。

この境内では、4月8日午前9時より「花まつり」が行われ、甘茶がふるまわれる予定です。

アーカイブ

Counter
カウンタ