ホーム > 圓福寺の由来

白山(しらやま)の盂蘭盆会

盆の行事は8月13日から15日夕方まで3日間に亘り行われます。
もともとは、旧暦7月の行事でした。
家により多少の相違があるものの、明治以前から代々引き継がれている内容を古老のお話や、記録などを参考に取りまとめました。ご参考にされ、伝承して行かれればと思います。

お盆の準備

  • 8月6日までにお墓の清掃
  • 8月7日・8月14日 早朝お墓参り
  • 8月12日までに松明(*)を作る
*松明(たいまつ)
いり松で長さ約10センチ、小指の細さに割り、藁で2本ずつ縛ったもの
新盆の家庭は、迎え火用に108束、送り火用にその半分を、
その他の家庭では迎え火・送り火用にいずれも数束を準備する

精霊棚に必要な品物の準備

  • 8月13日午前中に仏壇を清め精霊棚(*)を準備する
*精霊棚
ご仏壇の前に小机を置き、その上にいぐさの茣蓙を敷き、位牌を仏壇から出して並べる。真ん中にハスの葉を敷く、代用としてサトイモの葉でもよい。
それぞれの位牌の前に薄板を敷きお膳とし、かわらけ(土器のお皿)・おがら(麻幹)で作った箸を置く。
杖1本(おがらで40センチくらい)を作る。
向かって左に、茄子におがらで足を付けた馬を作る。
その後、花瓶にお花(しきみ・みそはぎ)を供える。

迎え火

8月13日夕方
新盆の家・・・・・・各島で指定した場所
その他の家・・・・・玄関前
それぞれ準備した松明に火をつけ精霊を迎える

精霊のお供え

 13日14日15日
朝食丸餅(各お位牌毎に2個ずつ)
柿の葉にあんこ(又は小豆)、なければ饅頭でもよい
(早朝にお供えする)
白米
味噌汁(茄子、里芋、カイワレ大根、ごぼう)又は、とうがね汁(里芋、ごぼう、油揚げ、茄子、豆など丸いもの7種)
昼食お迎えするとき、
お水を供える
白米
茄子の味噌和え
かぼちゃの煮つけ
うどん・冷麦
<3時、おやつとして>
だんご各お位牌毎に2個
夕食新茶
白米(小豆飯)
味噌汁(里芋、茄子、ささげ、ごぼう)
白米
澄まし汁
白米(又は粥)
ぬき菜汁
<お土産として>
茄子、蓼(たで)のからもみを柿の葉に乗せる
  • 毎食のお供えは2時間ほどで下げ、お茶を供える
  • お供えは季節の精進材料を用いると良い
  • 15日朝、精霊は八坂の市へ、帰る時の土産を買いに茄子の馬に乗って行かれるため、家人は早く起きてご飯に味噌汁を作って送り出す。買い物を済ませて帰られる頃うどんをお供えする。(買い物は、ノミの皮とシラミの皮で、この皮をつなぎ合わせて雨具を作るといわれる。)

送り火

8月15日 夕方
位牌を仏壇に収めた後、茄子馬・土産物とお膳・箸などは精霊用の杖を添えて表に出し、玄関前で松明に火をつけその火で線香を焚き、線香2~3本を馬の背に立てて送り出す。

精霊流し

各島で指定した川などに流していたが、環境保護のため最近では各家で処理されている。

アーカイブ

Counter
カウンタ