勝嶽山 圓福寺

円福寺山門

天台宗、比叡山延暦寺末で、本尊は阿弥陀如来である。山の中腹にある観音堂の本尊は十一面観音菩薩で、古い縁起が伝えられている。

昔、伊勢の国安濃津の商人益直(ますなお)が、船を使って行商を続けていた。養老年代のある日のこと、現在の寺の前方の水底から、観世音の尊像を拾い上げた。彼は船に乗せて伊勢の国に祭ろうとしたが、その夜夢枕に立った黄衣の僧の戒めに従って、船をとつて返し、尾張の国松島(現在地)の地に、三間四方の堂を建てお祭りした。これが現在の観音堂の起源である。

圓福寺には、この観音堂の外、木造仁王像、木像不動明王立像、木造毘沙門天立像、柄香炉、前机、篠木合宿絵馬など、市指定文化財がある。

ご利益  祈願全般
拝観料  拝観無料
所在地  (〒487-0034) 春日井市白山町9-1-3
交通    JR中央線高蔵寺駅より2km。名鉄バス円福寺前、又は藤山台南下車 徒歩5分。
駐車場  無料・50台
照会先  (0568) 91-6500


アーカイブ

Counter
カウンタ