梵鐘

梵鐘この梵鐘は終戦後、古来伝えられてきた鐘に代わり、昭和25年1,500人の合力に依って再鋳せられたもので、口径2尺6寸重量約160貫。天人模様は原図藤原博士。 鐘の音に1368年前聖徳太子が音律の調整に用いられた国宝妙心寺の鐘と同律古律黄鐘(おうしき)調である。 基本振動数129サイクル全音持続約13秒基本音の唸り10秒に3回(青木博士証明) 古来鐘の音は一度聞く毎に知恵長じ菩提を生すと云う。朝の一音に一日の幸福を願い、夕べの一音に一日の無事を謝すと共に、天下泰平、国土安全、交通安全、学業達成、家内安全、身体健全、商売繁盛、諸願成就を祈り奉る。 元旦には除夜の鐘で煩悩を払い新年を祝います。

アーカイブ

Counter
カウンタ